コピーライターが住まいや地域をレポート

MENU

大切な記念日は、ちょっとオシャレに
特別なお店で乾杯!

2018年3月23日

実は、いよいよ決まったんです。
憧れのマンションを買うことが!
でも、残念ながら私じゃなくってお友達夫婦が!!!
しかも、私が密かに狙っていた
建設中のあの赤坂のタワーマンション。
さらに、私のブログを読んでくれていたらしく
「この立地、なかなか魅力的」ということで
二人で話し合いをした結果、
無事に申込みに至ったのだとかー。

そんなお祝いを兼ねて、友人夫婦と
新居周辺のお店を開拓することに。
私も、ブログで貢献したってことで
お呼ばれすることになりました。

紫さくら(SHIZAKURA)

まず、一軒目にたずねたのが
日本酒の好きなご主人が選んだ「SHIZAKURA」というお店。
舞鶴の裏通りにある古民家風の一軒家。
確かにカウンターから冷蔵ケースまで日本酒がズラリ並んでいる。
数えただけでもたくさんあるなぁ~と、
驚いていたんだけど、お店の方曰く
表に並べているのはオススメが中心。
定番なども揃えると常時50種類は揃っているのだとか。

紫さくら(SHIZAKURA)

店主は、とってもお若く見えるけど
東京でしっかり修行時代を積んできたそう。
フレンチやイタリアンも学んだというだけあって
和食が中心の中にも、どこか創作アレンジが加わっている。
居酒屋の定番ポテトサラダも、
このお店にかかるとカニを混ぜて
ディップ風に食べるスタイルに。

紫さくら(SHIZAKURA)

日本酒にあわせるようにメニューには
美味しそうなお魚料理が豊富だ。

紫さくら(SHIZAKURA)

紫さくら(SHIZAKURA)

地鶏好きな友人が頼んだスモークのたたきは、
蓋を開けると桜チップの香りが
ふわっと広がるアクセント付き。
そんな香りをツマミにご主人の日本酒が、
一杯、二杯と進んでいくー。

紫さくら(SHIZAKURA

カウンターには、一人客の男性もちらほら。
スタッフによると出張ついでに寄られるお一人様も多いのだとか。
早速、友人の旦那は「ひとり飯にいい店みつけたー」と大喜びだ。

二軒目に向かったのは、友人が噂に聞いて
行ってみたいと言っていた「モヒート」というバーだ。
「足元の緑の看板が目印に」と教えられていたらしが、
確かに目線を低くして見ていたら発見!
建物自体は大通りに面しているのだが、
お店の入口は建物の中庭みたいなところからなので、
この看板を見逃してしまったら迷子になってしまいそう。

THE BAR MOJITO KOTEMON

店内に足を踏み入れてもその印象は同じ。
こんな場所に、「こんな隠れ家があったのねー」と
久しぶりにわくわくする大人な雰囲気のバーだ。

THE BAR MOJITO KOTEMON

6席程度のカウンターの他に
5~6人ぐらいは座れる個室がある。
折角なので、カウンターに3人並びで席を陣取って
ちょうどお客さんが出たタイミングで
イケメンのバーテンダーさんにあれこれとヒアリングしてみた。

THE BAR MOJITO KOTEMON

世界のトップクラスのホテルで修行を積んだという店主。
店名の通りカクテル「モヒート」の種類が半端なく並んでいる。
キューバ生まれ、ラム・ベースのこのカクテル。
ヨーロッパ旅行に行ったときに出会ってから
よく飲んでいるんだよなぁ~。
ジンジャーモヒートあり、季節のフルーツモヒートあり、
このバリエーションの多さは面白い!
ちなみに、大手門にあるこのビルの名前が小手門。
というわけで、定番の一杯は小手門モヒートらしい。

THE BAR MOJITO KOTEMON

そして、登場したモヒートにまたまたサプライズ。
やたらと大きなマドラーだなぁ〜と思っていたら
なんと、これサトウキビなんだとか。

沖縄のリゾートホテルに勤めていたときの繋がりで
現地から直接仕入れているらしい。
マドラーでかき混ぜながら、
時々かじるのがこの店のスタイル。

いい感じに酔った三人は、
お祝いなんだからともう一軒、
〆の一杯を求めて足を伸ばしてみることに。
伺ったのは私の行きつけのバー「エリン」へ。
もう十数年以上の行きつけの場所。

THE BAR MOJITO KOTEMON

昔は、薬院に店舗を構えていたんだけど、
数年前に静かな住宅地であるこの当たりに移転してきている。

テーブル席とカウンター席の他に、奥には個室があって
時々、有名人やスポーツ選手もお忍びで来ていることに
遭遇することもあるお店だ。

bar Erin

店主曰く、薬院もいいまちだったけど、
この辺りはお客さまも落ち着いた方が多くて
移転して来てよかったと思っているとのこと。
お客さまもご近所の方が増えて
お店を大切にしてくれる素敵なお客さま、
いわゆる“ソワニエ”が多いらしい。
そんな発言を聞いて、もうすぐこのまちの住民になる
予定の二人は、仲良さそうに
「選んでよかったね~」とラブラブモード。

bar Erin

んー。なんだかちょっと悔しいぞー。
カクテルなんて甘いお酒を飲んでいられない気分で、
ウイスキーをオーダー。
バカラのグラスに丸氷を入れて
見事な手さばきで一杯を用意してくれる。
丁寧な仕事ぶりを見ていると
さっきのヤキモチはどこへやら
いい具合の良い心地に。
やっぱり極上の空間と上質なサービスをもつバーは、
気持ちをやすらかにしてくれるよなぁ~。

「これからはこんなお店で酔った後も
歩いて帰れる距離だね〜。」と、
楽しそうに話す夫婦を見送りながら
いい気分で今日をしめくくれました。

【check point 33】紫さくら(SHIZAKURA)

紫さくら(SHIZAKURA)

■ 紫さくら(SHIZAKURA)

住所:福岡県福岡市中央区舞鶴1-9-5

2015年オープンの古民家レストラン。和食をベースにフレンチやイタリアンのテイストを取り入れた味付けが人気。お通しに出てくる握りも話題。

【check point 34】THE BAR MOJITO KOTEMON

THE BAR MOJITO KOTEMON

■ THE BAR MOJITO KOTEMON

住所:福岡市中央区大手門3-2-1 小手門ビル 1F

隠れ家風な佇まいをもちながら、行きつけにもなるバー。ホテルで修行を積んだバーテンダーがつくる色あざやかなカクテルが人気。

【check point 35】bar Erin

Hawaiian Shop Lae (ハワイアンショップ ラエ)

■ bar Erin

住所:福岡市中央区大手門3-12-7

カウンターに一人でもよし、テーブルで友人と語るもよし、お忍びで個室を利用するもよし。いろんな使い方ができるバー。ウイスキーなどの品揃えの多さも魅力。

この物件を
レポートするのは

Yasuko Uemura

コピーライター・ディレクター

植村 康子

福岡に暮らして数十年。デザイン関係の会社で働く。食べることが何よりの趣味で、ワインと日本酒が大好物。 行きつけのビストロで仕事帰りの一杯が何よりの至福。飲んでも歩いて帰れる都心暮らしに愛着はあるが、 最近は、ちょっと落ち着いた暮らしにも憧れが出てきたところ。

TOP